サプリメントについては薬とは異なりますが、摂取し過ぎるとカラダに副作用を与えてしまうケースがあります。
サプリメントを摂取し過ぎることで、、かえってビタミン・ミネラルを過剰摂取してしまう可能性があります。
ビタミンとかミネラルといった栄養成分にしても、適した量があって、適量を服用することこそがカラダのにとっては最も重要なことだと言えます。

ビタミン系のサプリをの飲み過ぎるとどうなるの?

ビタミンB群というのは水溶性なので、原則として無駄な分だけ汗や尿として体外に出されるので、日常的に栄養摂取しているだけなら過剰症のリスクについてはほとんど見られません。
脂溶性のビタミンはぎりぎりまで体中に貯まってしまうことになります。脂溶性ビタミンとなるビタミンAに関しては、体の内側で過剰に到達すると頭痛や嘔吐・脱毛もしくは肝臓障害というものをまねくことも想定されます。
脂溶性のビタミンは、A・D・E・Kです。

ビタミンAは、頭痛や嘔吐、習慣的に筋肉痛・疲労・骨障害といった不調が挙げられます。

ビタミンB群は、水溶性なので副作用はないと言えますが、大量摂取に伴って、稀に過剰症の要因となる種類のビタミンBも存在します。

ビタミンCにいちばんよく見込まれる副作用というのは下痢です。

ビタミンDは、血中のカルシウム濃度が上昇する結果、悪影響が出てきます。

ビタミンEは、下痢を引き起こす可能性がありますし、骨粗しょう症の可能性を高めます。

ビタミンKは、貧血、血圧低下、呼吸困難といった不調を伴います。

その他の成分は飲み過ぎでも大丈夫なの?

ビタミン以外のサプリも過剰摂取に注意しなければ、副作用などは出るケースもあります。

アミノ酸系サプリは、血液凝結能が衰えて、出血が発症し易くなり、アレルギー反応や湿疹・下痢などがおこうる場合がある。

亜鉛サプリは、それほど有毒性が高くないミネラルですので副作用はほとんどありませんが、頭痛や発熱・嘔吐・腎臓障害などをおこす場合がある。

ポリフェノールサプリは、カラダの中のホルモンバランスの崩れ・貧血などをおこす場合がある。

リコピン・アントシアニン系サプリなどは、便秘・吐気をおこす場合がある。

乳酸菌系サプリは、飲み過ぎると腸内バランスが崩れ下痢と腹痛などをおこす場合がある。

鉄分系サプリは、吐き気・嘔吐・下痢などをおこす場合がある。

EPA・DHA系サプリは、吐き気・下痢・鼻血などをおこす場合がある。