ダイエットを行っている人によっては無理な食事制限を実践しているという人もたくさんいるじゃないでしょうか。
カラダを悪くしたりダイエットの失敗につながるリバウンドにも結び付いてしまうことになり、最終的に短期的となってダイエットは続かなくなってしまいます。
ダイエットの間は食べ物やサプリメントで栄養素を適切に取りつつも適度な食事制限することが必要です。

ダイエット中に不足しがちな栄養素とは

ダイエットの間は、従来の食事メニューやカロリーを少なくしますが、一方で、色々な栄養素も半減してしまいます。食べ物が偏ってしまっており、カラダを作ることに必要な栄養が足りないこととなります。

ダイエット中に不足気味の栄養素はタンパク質なのです。カロリーを減らそうととすることから、タンパク質を少なくするの可能性があるためです。
タンパク質が足りないと、代謝が低下し、筋肉量が減たり貧血をおこしやすくなっていくのです。

タンパク質は筋肉や血液など体をつくり出し、酵素の元になるのでカラダのいろいろな成分のベースになるのです。肉や魚などの動物性タンパク質を適度に摂り、代謝をアップさせなければどれだけダイエットを行なっても痩せないカラダになっていくのです。
また無理があるダイエットを継続すれば、栄養不足によって健康状態が悪化して肌荒れやニキビ、髪の毛の傷み、免疫力も低下して病気にさえ陥りやすくなっていくのです。

ダイエットしていてもカラダは欲しがる栄養素とは

タンパク質は、素肌の細胞を作りあげる栄養素の1つということなので必然的に摂りいれることが求められていて、コラーゲンと言った栄養素もタンパク質によって構成されているということなのです。
コラーゲンは体内の老廃物をとり除き、酸素や栄養を細胞へ行き渡らる働きをしています。

鉄分は、足りないと貧血・立ちくらみなどの要因になって、手や足の冷え、疲労感といった症状があらわれます。
生理が要因で、月に1回ある程度の量の鉄分を失うことから、多くの女性が鉄不足ということになります。

ビタミンB群は、欠乏すればエネルギーが円滑に代謝し切れなかったり、だるさや倦怠感、肌トラブルなどカラダに変調が生じてくるのです。ビタミンB群に含まれる8種類のビタミンで形成されていて身体を動かすために必要なエネルギーの元となっています。

ミネラルは、亜鉛やカルシウムと言ったカラダの組織を作りあげるのに必要不可欠な栄養素になります。亜鉛やカルシウムが欠乏すれば老化が早まったり、ストレスが留まりがちにつながります。

栄養不足を感じたらサプリメントで補う

ダイエット中に食事制限を行なっていると、色々な栄養素がが足りない状況に見舞われてしまいます。栄養不足に気づいたら、サプリメントは利用することができますが、サプリメントばっかりに頼るのも危険です。
食事制限で疲労感を感じるようになると、ミネラルの不足のケースがありますので、亜鉛やカルシウムが含まれる食べ物を少し増やして、補足としてサプリメントを同時に用いるのがおすすめです。