ビタミンBのサプリメントを服用している人も多いと思いますが、なんとなく効力を出してる感じはしても実際どこの効いているかはちょっと解からないって感じじゃないですか?
ビタミンBは1種類よりもビタミンB群として摂る方がより効果を感じやすいかもしれません。ビタミンBサプリがどういった形で効果を発揮しているか見てみましょう。

ビタミンB群の役割とは

ビタミンB群は、13種類あるビタミンBの中から8種類をまとめた名称です。
ビタミンB群の内訳は、B1・B2・ナイアシン(B3)・パントテン酸(B5)・B6・ビオチン(B7)・葉酸(B9)・B12となります。

B1の効果は、砂糖や炭水化物といった糖質を代謝に繋げる酵素サポートしてエネルギーにチェンジします。また、アルコールの代謝活動を行なわせてエネルギーに変更する。

B2の働きは、糖質・脂質・たんぱく質をカラダの中で消化・分解して、吸収が行われてエネルギーに変更されます。皮膚や髪・粘膜の代謝をサポートし成長を促す効果がある。

ナイアシン(B3)の働きは、糖質・脂質を分解・燃焼させネルギーにする。アルコールの分解を手助けしたり、血行を促進するので体温をキープする働きがあるのです。

パントテン酸(B5)の働きは、糖質・脂質・たんぱく質の代謝をサポートしエネルギーとして変更します。エネルギーを発生させ免疫力を強化しストレスを軽減させる。

B6の働きは、脂質を分解したんぱく質を代謝してエネルギーに変化させる。皮膚、髪の毛、歯などの成長を助け免疫力を改善する。

ビオチン(B7)の働きは、糖質や脂質、タンパク質の代謝を助け血糖値を下げ皮膚炎や抜け毛などを防止する。

葉酸(B9)の働きは、タンパク質と核酸の合成に作用し細胞分裂を促進させ新陳代謝や幾つもの発育を活発化させる。ビタミンB12と関係を持って貧血を防止する。

B12の働きは、葉酸と関係を持って赤血球中のヘモグロビン生成をサポートし、貧血を防止する。神経細胞内の核酸やタンパク質などの細胞分裂をサポートする働きを行っています。

ビタミンB群が不足しがちな理由

ビタミンB群が不足して体調が良くない人が増えています。健康的な食事から補給できるビタミンB群ですが、偏食によって栄養不足になりビタミンB群が足りない状態になっていると考えられます。
特に、肉ばかり食べて野菜をほとんど食べない人や、アルコールを毎日多量に飲む人、甘い物ばかり食べる人など原因は様々です。
ビタミンB群が不足すると、ストレスが溜まりやすくなったり、肌トラブルがでるなど健康不良になりますので、毎日意識してビタミンB群を摂ることが大切です。